ソーラーカーポートのメリットと注意点

ソーラーカーポートのメリットとして発電量を上昇させられることが挙げられます。これは単純に売電量が上がるというだけでなく、全量買取制度を適用させるための基準を満たせるようにできることもあります。

ソーラーカーポートの特徴をご紹介する情報です。

一般的な住居の屋根はソーラーパネルの設置スペースが少ないため発電量が少なくなり、余剰買取制度になることが多いです。



しかし、ソーラーカーポートを使うことで10kW以上にすることができれば全量買取制度を適用できます。


売電価格の保証期間が20年になるため、非常に有利な条件で太陽光発電を行えるようになります。
ソーラーカーポートを設置する際に考慮するポイントとして、既存のカーポートに増設する場合は建築基準を満たしていることを確認しなければなりません。


建ぺい率や容積率を超えてしまうと違反になり、費用を出して設置したソーラーカーポートを元に戻さなければならなくなるケースもあります。



そのため、事前に建築確認をして許可を得ておくと安全です。増設する場合はカーポートの強度が足りないため補強も必要になります。

ソーラーパネルのような重量物を載せることを考慮した設計ではないためそのまま使うことができず、追加の費用がかかります。

住居と比べると屋根の高さが低いため、発電効率が悪くなることも考慮しなければなりません。


周囲に高い建物が多いと太陽光が遮られてあまり発電を行えず、ソーラーカーポートを導入するための費用の回収が困難になることもあります。